接触ItalianoEnglishFrançaisEspañolDeutschPortuguêsРусский中文日本語

イベントの歴史

デビュタント舞踏会は、18世紀のアンシャン・レジームにルーツを持つ人気のソーシャルイベントです。この時代、最も著名な貴族の跡取り娘たちが結婚適齢期を迎えたため、人前に姿を現し、正式に貴族の世界に入ったのです。

このイベントは1700年に始まり、1789年のフランス革命時に中断されただけで、パリのホテル・ド・クリヨンの伝統行事になりました。それどころか、1814年のウィーン会議でも中断されることはなく、1877年からオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの命令によって、オヴィーナー・オーパンバルはウィーン国立歌劇場で開催されることになりました。

デビュタント舞踏会はイタリアで、1787年からナポリの「ヌンジアテッラ」という陸軍士官学校で行われました。

スクオーラ・グランデ

13世紀後半から16世紀にかけて、ヴェネツィアに「スクオーレ・ディ・アルティ・エ・メスティエリ」(美術工芸の学校¬)とスクオーレ・グランディが設立されました。「スクオーラ」という言葉は建築だけでなくて、ここで活動する協会も表していました。同じスクオーラに所属する同僚たちは皆、守護聖人と旗を選び、それ行列しました。

スクオーレ・グランディには、当時の貴族や裕福なブルジョワが集まっていました。彼らは、ヴェネツィア貴族だけに限られていた政治の役職をアクセスすることができなくて、スクオーラに名誉ある役割を見出しました。

スクオーレはヴェネツィアで最も重要な人々によって構成される権力の中心でした。彼らは、自分たちの特定の利益を守るだけでなく、慈善に専念することで病人や貧しい人々を助けることにも関心を持ちました。彼らの主な社会活動は援助と宗教的動機による活動でした。

もらった寄付と兄弟たちの自己課税のおかげで、スクオーレ・グランディは多くの流動資金を持っており、施設の建設や装飾に注ぎ込みました。

同僚たちはは芸術の偉大なパトロンで、ファンでもあり、当時最高の建築家、画家、装飾家、職人(ティントレット、ティエポロ、パルマ・イル・ジョーヴァネ、ベッリーニ)の作品を確保しようと競い合っていました。

スクオーラ・グランデ・サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ

スクオーラ・グランデ・サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタはヴェネツィアの最も古いスクオーラ・グランデで、1261年にサン・ポーロ地区に設立されました。このスクオーラ・グランデは、スクオーラの建物を最も重要な部分とする建築的複合です。二階建てで、ゴシック、ルネッサンス、バロックなど、さまざまな建築様式から構成されています。

スクオーラ・グランデ・サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ博物館(Museo Scuola Grande San Giovanni Evangelista)はスクオーラの建物、同名の教会、古い墓地、二つの外側のカンピエッリから構成される建築的複合です。このスクオーラ・グランデは1261年に設立された在俗会の本部です。

建築は大変興味深いです。外側の入り口ゲート、マウロ・コドゥッシによる二つのスロープから構成されるルネッサンス様式の階段、荘厳なチャプターハウス、ピアノ・ノービレにあるジョルジョ・マッサーリによる見事な大理石の床が際立っています。一階には歴史的に興味深いラピダリウムがあり、二階には何世紀にも渡ってスクオーラが依頼したヴェネツィアの画家たちの絵画が数多く展示されています。その中には、パルマ・イル・ジョーヴァネ、ティントレット、ティエポロ、ロンギなどの絵画が含まれています。

1369年以来、ヴェネツィアのスクオーラ・グランデ・サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタには、ヴェネチアン・ゴシック様式の貴金属・宝石細工職人の傑作である貴重な聖骨箱があります。聖骨箱の中には聖十字架の破片が二つ収められています。これらの破片は、「十字架の奇跡」と言う最も重要なヴェネツィア一連の絵画の一つを生み出すだけでなく、その後の建築の拡張にもつながりました。


このウェブサイトでは、より快適に閲覧していただくためにCookieを使用しています。ヴェネツィア・デビュタント舞踏会のウェブサイトを利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなされます。

拒否
同意